植毛の値段

切らない植毛の値段と治療内容

切らない植毛とは自毛植毛のドナー採取をする時にメスを使用せずに毛包単位で採取していく植毛法を指すのが一般的です。
この植毛法の一つがFUE法となります。

 

切らない植毛と呼ばれるFUE法の値段は切る植毛治療より高く設定されている医療機関が多いです。
薄毛治療自体が自己診療となり施設によって様々な値段設定のため、FUE法の費用も違いクリニックの植毛の基本料金を加算すると1000グラフトだと約700,000円以上というのが相場となっています。

 

植毛は植える髪が生えている毛根(毛包)の数(1グラフト/株)で計算しますので、植毛の面積が広ければ必要となるドナーが必要となるため、植毛の値段は高くなります。

 

切る植毛治療も切らない植毛治療も、メリットデとメリットがあります。
無料カウンセリングを利用して医師に確認することが大切です。

 

切らない植毛の治療方法

切らない植毛治療として今話題になっているFUE法は、自毛植毛のひとつです。

 

施術内容の特徴は、移植する髪を採取する時にメスを使用しないで、パンチという器材で毛根ごとをくり抜いていく点にあります。

 

メスのように頭皮を切らないため採取後に縫う必要が無いのが特徴です。

 

切らない植毛治療のデメリット

ただ毛根を確実に採取できないと効果がなく、施術する医師の技術力に依存してしまいます。
パンチで毛根を採取するため点状の跡が残ります。

 

この跡は髪を伸ばしてしまえば目立ちませんが、坊主のような短髪にすると目立つ場合があります。

 

切らない植毛治療のメリット

毛根ごと採取が可能、最近では専用機器を導入し、効率良く確実に毛根を採取する医療機関も多くなっています。
最近の植毛手術の主流となっています。

 

TOMクリニック

 

 

>> 自毛植毛費用TOPへ

page top